So-net無料ブログ作成

やる気のない中学生がやる気を出す勉強方法 [やる気を出させる学習方法]


tc2_search_naver_jp.jpg


やる気がないということは、何故なのか?


勉強自体がとにかく嫌いで、勉強するくらいなら
高校へも行きたくないという中学生も確かにいます。



でも、どうしてそれほどまでに勉強が嫌いなのでしょう。



様々な理由や原因があると思いますが、そのなかでも
大きな理由として、勉強がわからないから・・・



という理由は多いのです。



小学生の頃というのは、勉強ができないならできないなりに
そこそこの点数が取れる場合が多いのです。



ですから、小学生の頃は、いつもある程度の成績があって
親御さんもあまり心配していなかったという場合がとても
多いという統計もあります。



結局、中学に入って一番びっくりしたのが中学生本人で、
小学校と同じように考えていた勉強が、全く違うことに
驚くのです。



内容もそうですが、学習内容の多さや範囲の広さに驚き、
いつしか少しづつ自分のキャパを超えたという思いに、
だんだんやる気がうせていくのです。



また、中学は部活動もあるため、時間的にも小学生とは
比べ物にならないくらいタイトな生活を強いられます。



友達関係にしても、他の小学校からの集合体である中学は
精神的にも緊張の連続かもしれません。



この間まで、小学生だった6年間にくらべるとまるで
別世界にいるような気持ちを抱く生徒も少なくない
でしょう。



そういう環境の中で、勉強がわからなかったり、遅れたり
という状況は、不登校を生みだす要因にさえなりかねません。



大人でも、精神的、物理的に「いっぱいいっぱい」という
状態の場合、どうしても本来の能力を発揮できません。



ましてや中学生の場合は、ちょうど思春期にも重なって
親のアドバイスもなかなか聞き入れようとしません。



そして、親のほうが焦ってしまい思春期の中学生が
一番言われたくない言葉・・・


「勉強しなさい」


を毎日のように連発することで、一層勉強のやる気が
なくなるわけです。



ただし、中学生本人も、「勉強しなければならない」
ということは、頭ではわかっている場合が多いのですが、
どうやって遅れた学習を取り戻すのか?


というやり方がわからず、そのままになっているのです。



「本人さえやる気になってくれれば」


という親御さんの思いとは裏腹に、どんどんわからなくなって
落ちるところまで落ちると、自暴自棄になります。


そして

「いまさら勉強してももう遅い」


というあきらめの気持ちを、自分に言い聞かせるようにして
勉強をしない状況を正当化しようとします。



では、どうすればいいのでしょうか?



本当に、一度やる気をなくした中学生はもうダメなのでしょうか?



そんな中学生をどんどんやる気にさせるという評判の
学習方法があります。


⇒やる気のない中学生がやる気を出す勉強方法


をご覧ください。



ありがとうございました。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。